【資産形成】株式投資での資産目標

女性が手をひろげる。 個別銘柄
スポンサーリンク

株式投資を始めてから定期的に読ませて頂いているブログが、

「弐億貯男」さんの「サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。」です。

サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

2003年より元本250万円で株式投資を始められており、

2015年に資産1億円、2019年に資産2億円を達成されております。

定期的に購入銘柄のポートフォリオ、損益公開されており、

投資に対する考え方含め参考にさせて頂いておりました。

ご紹介させて頂いたブログの中でも、これから投資を始める人向けに

いつまでにいくらの資産を目指すのかといった目標資産、目標金額を決めること

の大切さを繰り返し発言されていたので、

今の自分に置き換えて今後の目標資産を具体的に数値に落とし込んで考えていきたいと思います。

以下条件の元、シミュレーションしてみました。

2019年末時点の元本投資資産を200万円と仮定

元本のみの資産運用で平均年率3%、年率10%、年率20%の運用で年ごとの資産推移を確認

元本+毎年50万円を株式投資に新規で資産を追加したパターンも検証

元本のみで資産運用【年率3%、年率10%、年率20%】


西暦
保有株資産(万円)
年利3%
保有株資産(万円)
年利10%
保有株資産(万円)
年利20%
2019200200200
2020206220240
2021212242288
2022219266346
2023225293415
2024232322498
2025239354597
2026246390717
2027253429860
20282614721032
20292695191238
20302775711486
20312856281783
20322946902140
20333037592568
20343128353081
20353219193698
203633110114437
203734011125325
203835112236390
203936113457668
204037214809201

元本200万円のみで資産運用した際のシミュレーションです。

年利3%で運用した際は、20年後の2040年には372万円となり、トータルで86%のリターンを得られます。

正直なところ、個別銘柄で資産運用をして年率3%はかなり効率が悪く、

それならより安全な国債や投資信託等での資産運用を検討したほうがよいと思います。

年利10%を超えてくると複利の効果が大きくなってきます。

個人的に注目している数字は青色でマーキングさせて頂きましたが、

年利20%で運用した際の2040年の資産9201万円です。

9201万円まで資産が到達すれば、

その段階からより安全な資産運用に変更するというシナリオが手堅いと思います。

仮に9201万円を年利3%の運用をすると、

年利が9201万円×3%=276万円となります。

276万円は一月分に換算すると23万円(税引き前)となります。

20代で平均的にもらえるような給与所得を、

資産運用の力のみで生み出すことができます。

その段階までこれば、今話題になっておりますFIREに近づけるのではないのしょうか。

「就労から逃げ出すために」ミレニアル世代に支持されるこれからの新しい生き方「FIRE」とは? | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

リンク元:「就労から逃げ出すために」ミレニアル世代に支持されるこれからの新しい生き方「FIRE」とは?

言わずもがなですが、

年利20%を目標に資産運用するといったことは、

リスクをより背負った運用をする必要がありますので、

途中で資産が目減りしてしまい、市場から退場してしまう可能性も出てきます。

元本+毎年50万円を株式投資に新規で資産を追加したパターン

西暦保有株資産(万円)
【年利3%】+
毎年50万円資金追加
保有株資産(万円)
【年利10%】+
毎年50万円資金追加
保有株資産(万円)
【年利20%】+
毎年50万円資金追加
2019200200200
2020256270290
2021314347398
2022373432528
2023434525683
2024497627870
20255627401094
20266298641362
202769810011685
202876911512072
202984213162536
203091714973094
203199516973762
2032107519174565
2033115721585528
2034124224246683
2035132927168070
2036141930389734
20371511339211730
20381607378114127
20391705420917002
20401806468020452

このパターンは年利は先ほどと同じ数値をいれておりますが、

毎年資産運用の資金を毎年50万円ずつ追加した際のシミュレーションです。

元本だけで資産運用するよりも資産の伸びはより大きくなります。

このパターンの注目は青色でマーキングしましたが、

年利20%で運用した際の2035年の資産8070万円です。

この段階まで資産が増えれば、よりリスクの少ない資産運用に切り替えても、

給与所得に近いほどの収益を得られそうです。

またマーキングを入れた時期に関しても、

2040年(元本のみの運用)→2035年(毎年元本追加)と5年間も短縮できております。

以上2パターンのシミュレーションをさせて頂きましたが、

現実的には年利20%で資産を増やし続けることはほぼ不可能だと思います。

年単位で考えれば全然可能だと思いますが、

連続して結果を出し続けることが難しいです。。

ただ最初の数値目標として、

年利20%の運用+毎年元本追加で2035年までに8070万円

を意識してみます。

とはいっても今後の市場全体がどのような推移をみせるのかは

神のみぞ知る世界ですので、柔軟に対応していきたいです。

最後に冒頭でご紹介させていただいた弐億貯男さんの新刊をご紹介させて頂きます。つい先日発売したばかりなので、私もまだ読んでおりませんが、今後レビューさせて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました