【ポートフォリオ公開】保有銘柄収支報告 12月 5週目

ポートフォリオ公開
スポンサーリンク

今週末時点(2020/12/末)時点でのポートフォリオ公開です

2020年もあっという間に過ぎてしまいましたね。。
2020年はコロナの影響で人々のライフスタイルが激減した1年だったと思います。

ステイホームでほとんど遠出が出来ない一年でしたので、
コロナが収束したら、色々と旅行をして美味しいものを食べたいと切実に思います、、

プライベートの話ではそうなのですが、
私自身は営業職なのですが、この一年はほとんどお客様の会社に訪問することがない一年でした。

もちろん最初は大きな戸惑いはありましたが、
わざわざ訪問しなくても営業の仕事自体は問題なくできますし、
オンラインツール(SNS、ビデオ会議ツール)を上手に使えれば、従来の営業手法に固執しているライバルに差をつけることが出来るのではと感じました。

便利なオンラインツールがあるのに、何が悲しくて会社に出勤したり、出張したりする必要があるのかという意見は至極当然だと思います。

コロナが収束したとしても、オンラインでの営業の重要性は変わらなく、
訪問営業よりもよりプライオリティが上にくるのではと思っております

このように、こと合理性を重視するビジネスに関しては、コロナが収束しても以前のようには戻らないものが出てくるものがあると思います。
そのようなことを意識しながら、2021年のマーケットと向き合っていきたいなと思います。

2020年含み損益・実現損益

保有日本株・米国株 評価損益

時価評価単価評価損益額評価損益率
日本株¥1,802,100¥323,64821.89%
米国株¥1,763,282-¥42,782-2.37%
合計¥3,565,382¥280,8668.6%

売却済み資産、配当金等の確定損益

実現損益配当金合計額
日本株¥160,000¥7,460¥167,460
米国株$6,735.06$9.60$6,744.66
投資信託¥107,986¥107,986

・日本株・米国株の時価評価単価(円ベース)は3,565,382円、評価含み益は280,866円(+8.6%)となりました。

・米国株を追加購入(ZM,DOCU)、新規購入(SE)しました。

保有銘柄ポートフォリオ

日本株ポートフォリオ

米国株ポートフォリオ

保有銘柄週間増減率

日本株週間増減率

〈銘柄コード〉企業名11/811/1411/2211/2812/0512/1212/1912/2701/03週間増減率月間増減率
3415TOKYO BASE¥414¥512¥459¥449¥502¥516¥513¥508¥5304.33%5.58%
3092ZOZO¥2,855¥2,752¥2,471¥2,588¥2,515¥2,707¥2,539¥2,517¥25491.27%1.35%
7546西松屋チェーン17051659¥1,795¥1,505¥1,496¥1,499¥1,496¥1,457¥14811.65%-1.00%

米国株週間増減率

〈ティッカー〉企業名11/811/1411/2211/2812/0512/1212/1912/2701/03週間増減率月間増減率
ABUSアビュータス・バイオファーマ$4.01$3.91$4.35$3.87$3.55-8.27%-11.47%
DOCUドキュサイン$243.22$225.49$241.00$244.93$222.30-9.24%-8.60%
LYFTリフト$49.98$48.86$49.130.55%
RKTロケット・カンパニーズ$21.64$20.83$20.22-2.93%
RPRXロイヤルティファーマ$40.24$42.12$40.37$41.60$42.97$42.41$44.40$48.90$50.052.35%16.48%
SEシー$199.05
UBERウーバー・テクノロジーズ$50.62$52.88$51.00-3.56%
ZMズーム・ビデオ・コミュニケーションズ$500.11$403.58$439.60$471.61$410.01$397.01$406.01$375.17$337.32-10.09%-17.73%

保有資産推移・考察

【保有日本株】今週の動き

今週は保有銘柄全て、株価が上昇して含み益が少し増えました。
1月にはZOZOの決算発表が控えておりますが、それ以外は大きなイベントがありません。

また、首都圏を中心にコロナ感染者が増加しております。
2020年の春に緊急事態宣言が発動された際は、小売店は休業を強いられて、大きなダメージを受けました。
今後も事態が収まらずに再度、緊急事態宣言になれば、
アパレル小売には大きな逆風になりえます。

【保有米国株】今週の動き

ティッカー備考
ZM追加購入
DOCU追加購入
SE新規購入

今週はハイテクグロース銘柄の調整があった週となりました。
保有主要銘柄のZM(ズーム)、DOCU(ドキュサイン)で10%ほどの下落があり、
米国株に関しては含み益から含み損へと資産がマイナスに転落してしまいました。
特にズームに関しては、最近購入をはじめたばかりなのでもう少しタイミングを遅らせられたらなと思いましたが、
また数か月経ったあとにその後の推移を改めて検証してみたいと思います。

また新規購入でSE(シー)を購入致しました。

・SE(シー)はシンガポールの企業
・Eコマース・オンラインスポーツ、フィンテックなど複数の事業を展開

米国株の企業分析の際にとても参考にさせて頂いているnekoさんの記事でこの企業の詳細確認いただけます。

米国上場企業分析 | Sea Limited (SE)|neko|note
 本日はシンガポール(法人登記はケイマン諸島)のSea Limited(SE)について調べてみたいと思います。同社は東南アジア諸国にてオンラインゲームやEコマース、電子決済などのサービスを提供している会社です。2017年に米国で上場した会社で、上場前は中国のテンセントが大株主として40%弱の持分を持っておりその支援も...

東南アジアでは今後人口が増加していきますし、マーケット規模も大きくなる地域です。
今後の成長に大きな期待が持てる企業だと思っておりますので、
今週のマーケット全体が下落しているタイミングで購入してみました。

以上、ご覧頂きましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました