そうだ、サウナに行こう、、【サウナで整う】

サウナ 雑記-LIFE-
スポンサーリンク

今年の1月ごろからサウナにはまっています。
今までは銭湯にいってもサウナには見向きもしなかったのですが、
たまたま観たドラマ「サ道」で原田泰造が恍惚な表情でサウナに入っており、
何事なんだと、、サウナに興味が湧いてきました。
※ドラマで毎回展開される偶然さん(三宅弘城)とイケメン蒸し男(磯村勇斗)とのゆるいやり取りも大好きです。

サウナの魅力を語る際に「サ道」の中で繰り返し唱えられていたのは、

  • サウナ(6-12分)
  • 水風呂(1-3分)
  • 外気浴(10分-15分)

を2-3セット繰り返すこと。
サウナ自体が主役なのではなく、
水風呂→外気浴が真の主役なのです。

サウナはなんとなくおじさんがひっそりと入っているイメージがあったのですが、

サ道では関東地域を中心にいろんなサウナが紹介されており、

それぞれの施設がサウナからこだわり・情熱を感じられました。

このドラマがきっかけで、サウナに対する見方がかわりました。

サ道を観て、サウナに入ってみようと思ったのは1月ごろで、
冬場にキンキンに冷えた水風呂に入るのはだいぶためらわれました。。
サウナで7-8分身体を温めたあと、
勇気を出して全身を一気に水風呂につけてみたら、
最初はかなり冷たさを感じますが、
意外と時間がたつと気持ちよく入れることを実感しました。
水風呂に1分ほど入り、
濡れたからだをタオルでふき、
露天スペースの椅子に座ってぼーっとします。
すると自然と意識が遠のくような、気持ち良い不思議な感覚に陥ます。
これがサ道でいうところの「整う」という状態です。

それ以来、サウナの魅力に気づき始めて色々なサウナを巡るようになりました。

サウナのメリット

・精神的に落ち着く

サウナに入っている時間は外界からの刺激もなく心が落ち着きます。

スマホなども持ち込むことはできないので、

強制的にデバイスから離れることができ、

ゆっくり考え事をするのにふさわしい場所だと思います。

※ただし、サウナ室ではたいていテレビが流れています。

家にいるとテレビを見る時間も少ないので、逆に新鮮な情報がはいってきたりします。。

またサウナに入っている瞬間は日々の忙しさを忘れて、

暑さを耐えなければなりません。。

自然と悩み事もどうでもよくなってきます。

・汗をたくさんかくので代謝がよくなる

サウナに入ると汗をたくさんかくので、代謝が非常によくなります。

そのため、サウナに入った翌日は顔つやが非常によくなったような感覚がします。

またサウナに入った日の夜は自然とまぶたが重くなり、ゆっくりと眠ることができます。

運動で汗をかく感覚と似ているのでしょうか?

・銭湯での楽しみが増える

今まで見向きもしなかった地元の銭湯に行く機会が増えました。

また地元の銭湯だと入浴料金もそんなに高くないので、

とてもコスパがよいと思います。

もちろんスーパー銭湯等にあるサウナも立派で、

ゆっくりと時間を過ごすことができるようになりました。


サウナに行き始めてから半年ほど経つわけですが、

現在は生活の一部になりつつあります。

昨今のコロナ渦の状況の中ではなかなかサウナに行ける機会も少ないので、

早く状況が落ち着いて欲しいと願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました